コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀山城(5代) ほり やましろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀山城(5代) ほり-やましろ

?-1716 江戸時代中期の釜師(かまし)。
2代堀山城の甥(おい)。正徳(しょうとく)2年5代をつぐ。同年江戸芝増上寺の6代将軍徳川家宣(いえのぶ)廟(びょう)前の銅灯籠(とうろう)14基を鋳造した。3年故あって細工所を没収された。享保(きょうほう)元年死去。名は清次。通称は藤兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堀山城(5代)の関連キーワード釜師

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android