コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀越角次郎(初代) ほりこし・かくじろう

朝日日本歴史人物事典の解説

堀越角次郎(初代)

没年:明治18.8.25(1885)
生年:文化3.1.15(1806.3.4)
幕末・明治前期の商人。上野国碓氷郡藤塚村(高崎市)の田島安兵衛・はなの次男。無頼に交わり家を逐われ江戸に出る。同郷の堀越文右衛門の養子となり,天保14(1843)年本船町に呉服店を開いて(翌年通旅籠町に移転),開港後横浜に出店して洋織物引取商を営む。攘夷浪士の脅しにも,商人こそが外国人と利を争う真の攘夷家だと屈せず,商才を発揮して巨富を蓄えて土地にも投資した。横浜正金銀行設立発起人となった明治12(1879)年に隠居して安平と称した。<参考文献>田島鶴治編『風雪―堀越家のあゆみ―』

(高村直助)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

堀越角次郎(初代)の関連キーワードコロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京芸術大学120周年天津条約巨文島事件クーパーグラントケプロンニミッツヌエット

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android