コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堂々川周辺の砂留

1件 の用語解説(堂々川周辺の砂留の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

堂々川周辺の砂留

江戸時代後期に造られた砂防ダムで、花崗岩(かこうがん)を階段状に積み上げている。堂々川1番~6番、鳶ケ迫(とびがさこ)、内広(うちひろ)の八つの砂留が06年、国の登録有形文化財に指定された。このうち、最大の6番砂留は長さ約55・8メートル、高さ約13・2メートルで、国内最大級という。

(2011-06-29 朝日新聞 朝刊 備後 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堂々川周辺の砂留の関連キーワード砂防砂防ダム治山ダム追い越し花崗岩化作用花崗岩花崗岩系列原地花崗岩黒花崗岩白花崗岩破砕花崗岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone