堂堂巡・堂堂回(読み)どうどうめぐり

精選版 日本国語大辞典「堂堂巡・堂堂回」の解説

どうどう‐めぐり ダウダウ‥【堂堂巡・堂堂回】

〘名〙
① 祈願のため、または、儀式として、仏や仏堂のまわりをまわること。
※俳諧・崑山集(1651)一二「時雨の比(ころ)清水寺にて 順礼とたうたうめくりしくれ哉〈貞利〉」
遊戯の一つ。手をつなぎ輪をつくって歌いながらぐるぐるまわる遊び。また、一人でするときは立って両手をあげ、目をつぶって一所でぐるぐるからだをまわす。〔随筆・嬉遊笑覧(1830)〕
③ 同じ所をぐるぐると回ること。また、えや議論などが、同じことをいつまでも繰り返して進展しないこと。
※古活字二巻本日本書紀抄(16C前)上「毎日一度づつなれば一年に三百六十度えいかねば、一年に同じ所へ行合ぞ。たうたうめくりする物があとへをっつくやうなぞ」
※半日(1909)〈森鴎外〉「考が前のとほりにどうどうめぐりをしてゐる」
④ 国会の本会議で、案件を投票によって決定する場合、議員が青票(反対)・白票賛成)を各自持参して演壇上においた箱に入れ採決する方法の俗称。〔新しい言葉の(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android