堂本 印象(読み)ドウモト インショウ

20世紀日本人名事典の解説

堂本 印象
ドウモト インショウ

大正・昭和期の日本画家



生年
明治24(1891)年12月25日

没年
昭和50(1975)年9月5日

出生地
京都府京都市

本名
堂本 三之助(ドウモト サンノスケ)

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)〔大正10年〕卒

主な受賞名〔年〕
帝展特選〔大正10年〕,帝国美術院賞〔大正14年〕「華厳」,文化勲章〔昭和36年〕

経歴
少年時代に西陣織の図案工として働く。大正8年在学中に第1回帝展に入選、9年西山翠嶂に師事。10年第3回帝展で「調鞠図」が特選、11年には「訶梨帝母」で帝展無鑑査、14年「華厳」で帝国美術院賞受賞。昭和9年画塾・東丘社を設立して主宰、11年からは京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)教授を務めた。戦後は大阪四天王寺、高野山根本大塔などの壁画、柱絵、襖絵、天井画などを制作、また染織、陶芸、彫刻、建築、金工も行った。36年文化勲章受章。41年京都・衣笠山の自宅に自作を収めるために堂本美術館を設立した(平成3年京都府に寄贈)。他の代表作に「冬朝」(昭和7年)、「雲収日昇」(13年)、「新聞」(25年)、「メトロ」(28年)、「交響」(36年)、「聖徳太子」シリーズ(最高裁判所 49年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

堂本 印象 (どうもと いんしょう)

生年月日:1891年12月25日
明治時代-昭和時代の日本画家
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堂本 印象の関連情報