コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱楊成(初代) ついしゅ ようぜい

1件 の用語解説(堆朱楊成(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堆朱楊成(初代) ついしゅ-ようぜい

?-? 南北朝時代の彫漆(ちょうしつ)工。
足利家の臣。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)将軍足利義詮(よしあきら)の代に,中国の彫漆にまなんではじめて堆朱を制作したとつたえられる。中国の堆朱彫の名工,張成と楊茂にちなんで楊成と号し,子孫も代々これをもちいた。名は長充。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

堆朱楊成(初代)の関連キーワード堆朱養清吉野朝時代堆朱楊成(2代)堆朱楊成(4代)堆朱楊成(5代)堆朱楊成(6代)堆朱楊成(8代)堆朱楊成(12代)堆朱楊成(13代)堆朱楊成(17代)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone