コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱楊成(初代) ついしゅ ようぜい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堆朱楊成(初代) ついしゅ-ようぜい

?-? 南北朝時代の彫漆(ちょうしつ)工。
足利家の臣。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)将軍足利義詮(よしあきら)の代に,中国の彫漆にまなんではじめて堆朱を制作したとつたえられる。中国の堆朱彫の名工,張成と楊茂にちなんで楊成と号し,子孫も代々これをもちいた。名は長充。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堆朱楊成(初代)の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android