コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱楊成(18代) ついしゅ ようぜい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堆朱楊成(18代) ついしゅ-ようぜい

?-1890 幕末-明治時代の彫漆(ちょうしつ)工。
万延元年家督を相続。文久元年日光廟修繕の用を命じられる。慶応4年受領屋敷を返納,廃業にいたる。初代楊成長充より18代五百余年間つたえられた家伝の技は13種とされる。明治23年3月8日死去。名は国平。通称は平八郎,のち平十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android