コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堆朱楊成(18代) ついしゅ ようぜい

1件 の用語解説(堆朱楊成(18代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堆朱楊成(18代) ついしゅ-ようぜい

?-1890 幕末-明治時代の彫漆(ちょうしつ)工。
万延元年家督を相続。文久元年日光廟修繕の用を命じられる。慶応4年受領屋敷を返納,廃業にいたる。初代楊成長充より18代五百余年間つたえられた家伝の技は13種とされる。明治23年3月8日死去。名は国平。通称は平八郎,のち平十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

堆朱楊成(18代)の関連キーワード堆朱養清海之屋広志河野百寿堆朱楊成(初代)堆朱楊成(2代)堆朱楊成(4代)堆朱楊成(5代)堆朱楊成(19代)長滝竹里峰島梅兄

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone