コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堪える・怺える こらえる

大辞林 第三版の解説

こらえる【堪える・怺える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 こら・ふ
苦しみ・痛みなどをがまんする。耐える。 「傷の痛さを-・える」
悲しみ・苦しみ・怒りなどの感情や欲求が表面に出ようとするのをおさえる。 「怒りを-・えて静かに語る」 「涙を-・える」 「笑いを-・えるのに苦労する」
外から加えられる力に負けないように保つ。もちこたえる。 「土俵際で-・える」 「鎧は-・へたりけるか/保元
処罰したり、しかったりすべきところを、許す。堪忍する。 「 - ・えてやって下さい」 → 忍ぶ(補説欄)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android