コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堰・塞 せき

大辞林 第三版の解説

せき【堰・塞】

〔動詞「塞く」の連用形から〕
取水のため、また流量や水位を調節するため、川の途中や湖・池の出口などに流れを遮って作った構造物。い。いせき。
[句項目] 堰を切ったよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

堰・塞の関連キーワード緣・円・冤・厭・園・圓・堰・塩・婉・媛・宛・宴・延・怨・捐・掩・援・沿・淵・演・炎・焉・焔・焰・煙・燕・猿・縁・艶・苑・衍・遠・鉛・鹽吹上浜県立自然公園阿東[町]堰止め湖堰き止湖松川浦阿武川連用形

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android