コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堰板・関板 せきいた

大辞林 第三版の解説

せきいた【堰板・関板】

土木工事などで、掘削した土の流出・崩壊を防ぐために設ける土留め用の板。
コンクリート打ちに用いる型枠の板。
弓の弭はずの部分にあてる木。
板屋に使われる屋根を葺く板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

堰板・関板の関連キーワードコンクリート土木工事屋根崩壊流出板屋型枠