コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報う・酬う むくう

大辞林 第三版の解説

むくう【報う・酬う】

( 動五[四] )
〔ヤ行上二段動詞「むくゆ」が中世頃から転じたもの〕
むくいる(報) 」に同じ。 「苦労したのに-・われない」
むくいる(報) 」に同じ。 「たちまちにあだを-・ふなり/宇治拾遺 3
むくいとなって身にはねかえる。 「年を老ると屹度-・つて参ります/真景累ヶ淵 円朝
[可能] むくえる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android