コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔頭・塔中 たっちゅう

大辞林 第三版の解説

たっちゅう【塔頭・塔中】

〘仏〙 〔「ちゅう」は「頭」の唐音〕
禅宗寺院で開山または住持の死後、弟子が遺徳を慕ってその塔の頭ほとり、あるいは同じ敷地内に建てた小院。
大寺の山内にある末寺。わきでら。寺中じちゆう。子院。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone