コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塔頭・塔中 たっちゅう

大辞林 第三版の解説

たっちゅう【塔頭・塔中】

〘仏〙 〔「ちゅう」は「頭」の唐音〕
禅宗寺院で開山または住持の死後、弟子が遺徳を慕ってその塔の頭ほとり、あるいは同じ敷地内に建てた小院。
大寺の山内にある末寺。わきでら。寺中じちゆう。子院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

塔頭・塔中の関連キーワードちゅう開山山内死後大寺末寺子院寺中住持遺徳唐音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android