塚田 正夫(読み)ツカダ マサオ

20世紀日本人名事典の解説

塚田 正夫
ツカダ マサオ

昭和期の棋士 将棋名人・名誉十段;日本将棋連盟会長。



生年
大正3(1914)年8月2日

没年
昭和52(1977)年12月30日

出生地
東京都文京区

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和50年〕

経歴
昭和2年、花田9段に入門し、7年4段、19年8段。22年の名人戦木村義雄名人を破り、実力名人戦2人目の名人となる。翌23年、大山康晴の挑戦を退け、また27年から連続3期九段戦で優勝して永世9段となるなど、タイトル戦登場10回、獲得は名人2期、9段4回のほかにも優勝2回。詰将棋の創作でも第一人者だった。著書も「塚田詰将棋代表作」ほか多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

塚田 正夫 (つかだ まさお)

生年月日:1914年8月2日
昭和時代の棋士。将棋名人;日本将棋連盟会長
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塚田 正夫の関連情報