コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塞ぐ・鬱ぐ ふさぐ

1件 の用語解説(塞ぐ・鬱ぐの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふさぐ【塞ぐ・鬱ぐ】

( 動五[四] )
穴や開口部をなくす。
ふたや詰め物などをして、穴をなくす。 「壁の穴をセメントで-・ぐ」 「すき間を-・ぐ」
口・目・鼻・耳などを、手でおおうなどして機能しないようにする。 「失言に気づいてあわてて手で口を-・ぐ」 「いくら耳を-・いでも聞こえてくる」 「恐怖のあまり目を-・ぐ」
出入り口や通路にあって通行をじゃまする。 「故障したトラックが道を-・いでいる」 「出口を-・ぐ」
場所を占める。 「本の山が机を-・ぐ」
さえぎって止める。 「道を-・ぎ人を通さぬよし/平家 6
不十分ながらも責任を果たす。 「責めを-・ぐ」
(「鬱ぐ」とも書く)心配ごとがあったりして気分が晴れないでいる。 「あれ以来、ずっと-・いでいる」 「気が-・ぐ」 〔「塞がる」に対する他動詞〕
[可能] ふさげる
( 動下二 )
[表記] ふさぐ(塞・鬱
「塞ぐ」は“物で閉ざす。さえぎる”の意。「壁の穴を塞ぐ」「思わず目を塞ぎたくなる光景」「故障車が道を塞ぐ」  「鬱ぐ」は“気分が晴れない。めいる”の意。「成績不振でずっと鬱いでいる」「鬱いだ顔になる」「気が鬱ぐ」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone