コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩化コバルト(II) えんかコバルトcobalt (II) chloride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩化コバルト(II)
えんかコバルト
cobalt (II) chloride

化学式 CoCl2 。コバルトの粉末に塩素を作用させて得られる。淡青色,葉片状の吸湿性結晶。湿った空気に触れると淡紅色に変る。融点 735℃,沸点 1049℃,比重 3.37。6水和物は [CoCl2(H2O)4]・2H2O の構造をとり,淡紅色ないし赤色で,弱い潮解性のプリズム状結晶。融点 86℃,比重 1.92。加熱すると 52~56℃で 4H2O を失い,紫青色の2水和物 (比重 2.48) になる。 100℃でさらに水1分子を失い,紫色,吸湿性の針状または無定形固体に変る。 120~140℃で完全に脱水する。水,アルコール,アセトンに可溶。水溶液は淡紅色だが,加熱あるいは塩酸,硫酸の添加により青色となる。あぶり出し用インキ,湿度指示剤,メッキ,ガラスや磁器の着色剤,触媒,肥料などに対する添加剤,毒ガスやアンモニアの吸収剤,ビタミン B12 の製造など,用途は広い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

塩化コバルト(II)の関連キーワードイオン化異性幾何異性塩化コバルト塩化コバルトホスゲン塩化カルボニルウレイン塩化カルボニル塩化コバルトホスゲン