塩田 奥造(読み)シオダ オクゾウ

20世紀日本人名事典の解説

塩田 奥造
シオダ オクゾウ

明治・大正期の政治家,実業家 衆院議員。



生年
嘉永3年10月15日(1850年)

没年
昭和2(1927)年2月6日

出生地
下野国下都賀郡吹上村(栃木県栃木市)

経歴
明治4年の廃藩置県に際して事務を担当。郷里吹上村など32か村の戸長や学区取締などを経て13年に栃木県議。その一方で、横堀三子らと連携して国会開設運動を行い、自由党に参加して全国各地で演説会を開いた。そのため、一時期投獄されるが、出獄ののち県議に返り咲き、同副議長を務めた。23年には第1回総選挙に当選して衆院議員となり、以後、3回連続で当選。27年の総選挙で落選した後は実業界に転じ、東京火災保険会社取締役・東京米穀取引所理事・京浜銀行支店長・玉川電気鉄道株式会社取締役などを歴任。また、33年よりハワイで事業を開始し、塩田バンクを興したほか、日本人会を組織して移民の保護にも活躍した。39年東洋製糖株式会社を設立。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android