コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩酸サプロプテリン えんさんサプロプテリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩酸サプロプテリン
えんさんサプロプテリン

プテリジン誘導体で,モノアミン生合成の活性化剤であり,小児の異型高フェニルアラニン血症の治療薬である。ジヒドロプテリン合成酵素の欠損によって増加した血清フェニルアラニン値を低下させる。 1992年,サントリーからビオプテンとして発売された。異型高フェニルアラニン血症による神経障害に効果があり,自閉症の子供に対する投与で行動の改善がみられ,またある種のうつ病にも効果があった。異型高フェニルアラニン血症は患者数の少ない難病であり,ビオプテンは稀用薬の指定を受けている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android