コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩釜[市] しおがま

世界大百科事典 第2版の解説

しおがま【塩釜[市]】

宮城県中部の市。1941年市制。人口6万3566(1995)。市名は正式には塩竈の字を用いる。松島湾の南西部に面し,うちに塩釜湾(千賀浦)を抱く。松島湾口の島々も市域に属する。古代以来の港であるが,1882年から近代的な塩釜港の建設が始まり,次いで塩釜線が開通,以後,港湾都市として成長した。1910年には第2種重要港湾に指定され,東北有数の商港,漁港となった。市街は海岸沿いの低地谷筋樹枝状に伸び,住宅地は背後の丘陵地にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塩釜[市]の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣マキノ雅広スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉レジスタンス文学[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android