コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

填まり/嵌まり ハマリ

デジタル大辞泉の解説

はまり【填まり/×嵌まり】

はまること。ぴったりおさまること。また、あてはまること。「ほぞの―がよくない」「―ぐあい」
分別をなくして失敗すること。特に、女性の色香に迷って失敗すること。また、そのための失費。
「女郎に手管のこしらへ男させて、追うてから大―をさすことぞかし」〈浮・禁短気・六〉
計略にひっかかること。
「人をけして(=ケナシテ)―のはやき事」〈咄・露がはなし・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

填まり/嵌まりの関連キーワード填まり役失費

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android