境川[村](読み)さかいがわ

世界大百科事典 第2版の解説

さかいがわ【境川[村]】

山梨県中央部,東八代郡の村。人口4386(1995)。甲府盆地南東縁にあり,南部は御坂山地,曾根丘陵が占める。中央部を北流する境川を中心に複合扇状地が広がり,北西部は笛吹川南岸の沖積地となる。古くから養蚕の盛んな地域であったが,近年ブドウ,モモ,スモモの栽培がふえ,プリンスメロン,トウモロコシの生産も伸びている。智光寺,宗源寺,実相寺などの古刹(こさつ)がある。【萩原 毅】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android