境界パーソナリティー障害(読み)きょうかいパーソナリティーしょうがい

大辞林 第三版の解説

きょうかいパーソナリティーしょうがい【境界パーソナリティー障害】

人格障害の一。神経症と精神病の境界にあるとみなされる病態。自己の同一性が確立しておらず、感情、対人関係が不安定で衝動的な行動がみられ、社会生活上不適応をおこすことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android