増分バックアップ(読み)ぞうぶんばっくあっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

増分バックアップ

ハードディスク内のデータをテープなどのバックアップデバイスにバックアップする際のバックアップ方法の1つ。増分バックアップでは、アーカイブビットがセットされたファイル(前回のバックアップ後に更新されたファイル)だけをバックアップし、バックアップ後にアーカイブビットをクリアする。このように増分バックアップでは、前回のバックアップ作業後に更新されたファイルだけがバックアップされるため、バックアップにかかる作業量を低減できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞうぶん‐バックアップ【増分バックアップ】

incremental backup》コンピューターなどでデータをバックアップする際、前回のバックアップ以降に追加・更新された増分のみをバックアップすること。作業に要する時間は短いが、過去にさかのぼってデータを完全に復元するには時間がかかる。インクリメンタルバックアップ。→完全バックアップ差分バックアップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android