増基(2)(読み)ぞうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増基(2) ぞうき

1282-1352 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)5年生まれ。関白藤原基忠(もとただ)の子。天台宗。出家して近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の覚助法親王,浄雅に師事。京都実相院門跡(もんぜき)となり,元亨(げんこう)4年園城寺長吏。花園天皇以降5代の天皇の護持僧をつとめた。観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年7月21日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android