コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増山城跡の特徴

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

増山城跡の特徴

県西部の平野部東端の丘陵上にある。砺波、射水、婦負3郡の境にある交通の要所で、県西部の平野部のほぼ全域と、周辺の山すその守山城、今石動城などが見渡せる。城域は和田川東岸の南北約1・4キロ、東西約0・9キロ。総面積約59ヘクタール。主郭とみられる二ノ丸は標高約124メートル。北東隅に櫓(やぐら)台、囲むように一ノ丸、安室(あじち)屋敷、三ノ丸などの郭群が配置され、長大な堀切など強固な防御構造になっている。「増山之事元来嶮難(けんなん)之地」と上杉謙信が書いた書状が残る。和田川西岸に城下町が埋もれている。

(2009-05-16 朝日新聞 朝刊 富山全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android