増山城

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

増山城

松倉城(魚津)、守山城(高岡)と並ぶ「戦国越中の三大山城」とされる。15~16世紀前半、西側を流れる和田川下流の放生津城に本拠を置く神保氏が郭配置の基礎を造成。後に上洛(じょうらく)を目指す上杉勢をへて、一向一揆を制圧した織田勢の佐々成政が整備拡充し、前田藩の支配後、江戸期に廃城となった。

(2008-12-20 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android