コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨付き・墨付 すみつき

大辞林 第三版の解説

すみつき【墨付き・墨付】

(紙などの)墨の付き具合。
墨で書いた筆の跡。筆跡。
書誌学用語で、写本などの文字や絵などが書かれている部分。
〔末尾に墨で書き判をしたところから〕 中世・近世、将軍や諸大名が臣下に与えた証明書。判物はんもつ。 → 御墨付おすみつき
機嫌。顔色。人のあしらい。 「少し-がわるいを駕かごのもの見てとり/洒落本・初葉南志」
口上こうじよう。挨拶。 「互に味な-を子太郎がひつ取つて/浄瑠璃・妹背山」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android