コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨俣〈町〉 すのまた〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕墨俣〈町〉(すのまた〈ちょう〉)


岐阜県南西部、長良川に沿う輪中(わじゅう)地帯に存在した町。安八(あんぱち)郡。
木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が築いた一夜(いちや)城で有名。2006年(平成18)3月、合併により廃止。⇒大垣市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

墨俣〈町〉の関連キーワード長良川水害訴訟長谷川 双魚岐阜県大垣市長谷川 朝風戸田 義明黒田宿墨俣城墨俣萱津

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android