壱岐手長島海域公園地区(読み)いきたながしまかいいきこうえんちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壱岐手長島海域公園地区
いきたながしまかいいきこうえんちく

長崎県北部壱岐市壱岐対馬国定公園の海域。1978年壱岐手長島海中公園地区として指定。2009年法改正により,現名称に変更。面積約 0.1km2アラメカジメ,オオバモク,アカモクなどの大型褐藻類からなる海中林が発達している。ヤギ類ウミウチワも多く着生し,多彩な海中景観を呈している。サンゴ類はハマサンゴキクメイシなどが見られ,魚類はベラ類が多く,ソラスズメダイメジナイシダイなども見られる。(→海域公園地区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android