コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壱鼓・一鼓 いっこ

大辞林 第三版の解説

いっこ【壱鼓・一鼓】

雅楽の打楽器の一。小形の細腰鼓さいようこ。古くは胡楽(現在は唐楽に包括)に用いたが、のち羯鼓かつこに代わり、今は常用されない。
舞楽の一。左方の二人舞。舞人は壱鼓と二鼓をおのおの首に掛け、打ち鳴らしつつ舞う。伴奏曲は裹頭楽かとうらく

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

壱鼓・一鼓の関連キーワード打楽器裹頭楽雅楽包括舞人左方唐楽舞楽

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android