壱鼓・一鼓(読み)いっこ

大辞林 第三版の解説

いっこ【壱鼓・一鼓】

雅楽の打楽器の一。小形の細腰鼓さいようこ。古くは胡楽(現在は唐楽に包括)に用いたが、のち羯鼓かつこに代わり、今は常用されない。
舞楽の一。左方の二人舞。舞人は壱鼓と二鼓をおのおの首に掛け、打ち鳴らしつつ舞う。伴奏曲は裹頭楽かとうらく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android