売上原価(率)(読み)うりあげげんか

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

売上原価(率)

売上原価とは、売上をあげた分に対してかかった原価のことで、販売した商品の仕入れ原価または製造原価などをいう。 売上原価率とは、売上に対する売上原価の割合(売上原価/売上高)のことで、売上高総利益率と表裏の関係にある。つまり売上原価率が低いほど売上高総利益率は高くなる(=収益性が高くなる)といえる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android