壺にはまる(読み)ツボニハマル

とっさの日本語便利帳の解説

壺にはまる

物事の大切なところをはずさない。急所をつかむ。「壺」は、物事の大切なところ、急所、勘所。また、予期したとおりになること。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つぼ【壺】 に はまる

① 急所をはずさない。勘所を押さえる。
浮世草子好色一代女(1686)二「むかし勤めし遊女の道は、さして取ひよく連理の根ごろをわきまへて、其壺へはまりたる文がらに悩(なづま)せ」
② こちらの見込んだ通りになる。図星にあたる。壺に落ちる。
洒落本・南遊記(1800)四「何でもこいつ蘭陀でやってこまそと口から出放題、あれで彼奴が胆(ツボ)へはまったらよいが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android