壺菫・壷菫(読み)つぼすみれ

大辞林 第三版の解説

つぼすみれ【壺菫・壷菫】

スミレ科の多年草。湿った草地に自生。根葉は腎臓状の卵形で柄が長い。高さ約20センチメートル。春、葉腋から花柄を出し、白色で紫色の筋のある花をつける。ニョイスミレ。コマノツメ。
タチツボスミレの別名。
かさねの色目の名。表は紫、裏は薄青。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android