コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺袖・壷袖 つぼそで

大辞林 第三版の解説

つぼそで【壺袖・壷袖】

袖口を狭くした丸袖。
よろいの袖の一。肩に近い上の部分が広く、下の方が狭くなっているもの。鎌倉末期から胴丸・腹巻などの鎧の付属具として用いた。 → 広袖大袖

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone