コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺金・壷金 つぼがね

大辞林 第三版の解説

つぼがね【壺金・壷金】

開き戸の釣り元に開閉のために打つ金具。軸となる肘金ひじがねを受ける壺状の環のついたもの。つぼかなもの。ひじつぼ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報