コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺鐙・壷鐙 つぼあぶみ

大辞林 第三版の解説

つぼあぶみ【壺鐙・壷鐙】

先端の壺状になった部分に足先を入れる鐙。踵かかとをかける部分は無い。古墳時代から平安時代まで用いたが、平安後期、舌長鐙したながあぶみが現れてから衰退。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報