変人・偏人(読み)へんじん

大辞林 第三版の解説

性質・言動がほかの人と変わっている人。変わり者。 希代の- -扱い

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 かわった性質の人。性質のかたよった人。かわり者。
※仮名草子・ぬれぼとけ(1671)「わきよりみればかたわもの、世の偏人はこれならん」
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉八「偏人奇物にて世間の附合もなき者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる