変動相場制(Floating Exchange Rate System)

外国為替用語集の解説

変動相場制(Floating Exchange Rate System)

外国為替市場で取引される為替レート(通貨の交換比率)を、一定比率に固定せず、市場での需要と供給により自由に変動させる制度。フロート制とも言う。主要先進国は、1973年に変動相場制に移行。1976年1月、ジャマイカキングストンでIMFの暫定委員会が開かれ、変動相場制の正式承認、IMFの第2次協定改正を決定。現在の変動相場制は、市場で通貨の交換レートを決めているが、中央銀行が市場介入による為替レート操作を行う場合もあるため、完全に自由なフロート制ではない。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android