コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変動相場制(Floating Exchange Rate System)

外国為替用語集の解説

変動相場制(Floating Exchange Rate System)

外国為替市場で取引される為替レート(通貨の交換比率)を、一定比率に固定せず、市場での需要と供給により自由に変動させる制度。フロート制とも言う。主要先進国は、1973年に変動相場制に移行。1976年1月、ジャマイカキングストンでIMFの暫定委員会が開かれ、変動相場制の正式承認、IMFの第2次協定改正を決定。現在の変動相場制は、市場で通貨の交換レートを決めているが、中央銀行が市場介入による為替レート操作を行う場合もあるため、完全に自由なフロート制ではない。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

変動相場制(Floating Exchange Rate System)の関連キーワード貿易収支(Trade Balance)アセットバランス・アプローチスムージング・オペレーションマンデル・フレミングの法則コンディショナリティーオーバーシューティング国際金融取引の自由化クローリングペッグ人民元をめぐる動き人民元の為替レートマレーシア・リンギターゲットプライスファンダメンタルズリファレンスゾーンリファレンスレンジキングストン合意ターゲットゾーン管理フロート制度スミソニアン協定新固定レート制度

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android