コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変動相場制(Floating Exchange Rate System)

1件 の用語解説(変動相場制(Floating Exchange Rate System)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

変動相場制(Floating Exchange Rate System)

外国為替市場で取引される為替レート(通貨の交換比率)を、一定比率に固定せず、市場での需要と供給により自由に変動させる制度。フロート制とも言う。主要先進国は、1973年に変動相場制に移行。1976年1月、ジャマイカキングストンIMFの暫定委員会が開かれ、変動相場制の正式承認、IMFの第2次協定改正を決定。現在の変動相場制は、市場で通貨の交換レートを決めているが、中央銀行市場介入による為替レート操作を行う場合もあるため、完全に自由なフロート制ではない。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変動相場制(Floating Exchange Rate System)の関連キーワード為替レートアービトラージ為替市場為替仲立人建値ギブン(Given)ディーリング(Dealing)メジャー・カレンシー(Major Currency)東京外国為替市場委員会(Tokyo Foreign Exchange Market Committee)スポットレート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone