コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変換モード へんかんもーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

変換モード

変換する文字がどういった文章かを指定することで、変換効率を高める機能。例えば入力した文字列が固有名詞であるとわかっていれば、日本語入力ソフトはより正確な変換をしてくれる。MS-IMEでは変換モードを「一般」「人名/地名優先」「話し言葉優先」「無変換」の中から選択でき、住所録の入力をするときは「人名/地名優先」で、セリフや会話を入力するときには「話し言葉優先」でと使い分けることで入力の効率化が可能。「無変換」は入力した文字をそのまま確定するモードで、連続したひらがなやカタカナの入力に活用できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

変換モードの関連キーワード漢字変換モード複合語変換詳細口語体優先

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android