コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変換モード へんかんもーど

1件 の用語解説(変換モードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

変換モード

変換する文字がどういった文章かを指定することで、変換効率を高める機能。例えば入力した文字列が固有名詞であるとわかっていれば、日本語入力ソフトはより正確な変換をしてくれる。MS-IMEでは変換モードを「一般」「人名/地名優先」「話し言葉優先」「無変換」の中から選択でき、住所録の入力をするときは「人名/地名優先」で、セリフや会話を入力するときには「話し言葉優先」でと使い分けることで入力の効率化が可能。「無変換」は入力した文字をそのまま確定するモードで、連続したひらがなやカタカナの入力に活用できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変換モードの関連キーワード連文節変換キリル文字コンバータ表意文字達文同文白字比定文字認識メディアコンバータ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変換モードの関連情報