コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変死者 へんししゃ

1件 の用語解説(変死者の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

へんししゃ【変死者】

病死,老衰死などの自然死でない不自然死を遂げた者で,犯罪によって死亡した疑いのある者。例えば,早朝,路上で発見された死体などが,これに当たる。変死者または変死の疑いのある死体(不自然死の疑いがあり,かつ犯罪による死亡の疑いのある死体をいう)があるときは,検察官は,検視(〈検死〉の項参照)をしなければならない(刑事訴訟法229条)。変死者を発見した者は,その場所が自己の占有する場所である場合を除き,届出の義務は負わないが,みだりに死体の現場を変えたり(軽犯罪法1条19号),検視を経ずに変死者を葬ること(刑法192条。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

変死者の関連キーワード変死突然死自然死自然物衰死不自然老衰非犯罪死検視と監察医制度乳幼児突然死症候群(SIDS)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone