コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変死者 へんししゃ

世界大百科事典 第2版の解説

へんししゃ【変死者】

病死,老衰死などの自然死でない不自然死を遂げた者で,犯罪によって死亡した疑いのある者。例えば,早朝,路上で発見された死体などが,これに当たる。変死者または変死の疑いのある死体(不自然死の疑いがあり,かつ犯罪による死亡の疑いのある死体をいう)があるときは,検察官は,検視(〈検死〉の項参照)をしなければならない(刑事訴訟法229条)。変死者を発見した者は,その場所が自己の占有する場所である場合を除き,届出の義務は負わないが,みだりに死体の現場を変えたり(軽犯罪法1条19号),検視を経ずに変死者を葬ること(刑法192条。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android