コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏泊崎 なつどまりざき

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕夏泊崎(なつどまりざき)


青森県中央部、陸奥(むつ)湾に突き出た夏泊半島先端の岬。砂州(さす)で結ばれた大島(おおしま)に陸奥大島灯台がある。西側の久慈ノ(くじの)浜は県下有数の海水浴場。東2kmの椿(つばき)山は、約1万本のヤブツバキが茂るツバキ自生北限地で国の天然記念物に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android