コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏灯台・夏燈台 なつとうだい

大辞林 第三版の解説

なつとうだい【夏灯台・夏燈台】

トウダイグサ科の多年草。山地に自生。切ると白汁が出る。茎は直立し高さ約30センチメートル。葉は広披針形で下部は互生、茎頂に五葉が輪生。さらに数枝を出し、大きな二枚の苞葉の中心に小形で、暗赤色杯状の花序をつける。有毒植物。ニワソ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夏灯台・夏燈台の関連キーワードトウダイグサ科互生輪生五葉

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android