夏葉枯病(オーチャードグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

夏葉枯病(オーチャードグラス)

北海道で関東以北で発生する糸状菌病。梅雨明け直後に発生することが多い。病斑は不規則に現れ、1.5×0.5cm以上の大きさの紡錘型病斑となる。病斑内部はうす煉瓦色もしくは淡灰色で、周囲は黄化し、病斑は相互に融合して葉全体を枯らす。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android