コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕張太鼓

1件 の用語解説(夕張太鼓の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

夕張太鼓

石炭産業の斜陽化の中の1970(昭和45)年、本間大・ひろたか)・夕張神社宮司が、街の活性化のために神楽太鼓の勇壮さを取り入れて創案、打ち手を組織・指導し、地元の祭りや行事ごとに出演して夕張の伝統芸能として成長してきた。その後も炭鉱閉山と人口流出が続き、指導者・後継者不足に悩まされた。85年に保存会が結成され、2000年には夕張太鼓保存会「竜花」と改名した。

(2008-03-13 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夕張太鼓の関連キーワードエネルギー産業斜陽スト規制法三池争議斜陽族softnomics九州・山口の近代化産業遺産群太田静子正田誠一渡辺徳助

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夕張太鼓の関連情報