外国人による家事代行サービス

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外国人による家事代行サービス

日本は原則として専門的・技術的分野以外の外国人労働者を受け入れておらず、昨年7月の国家戦略特区法改正で、出入国管理法特例として家事代行の仕事にあたる外国人の入国を認めた。派遣元は当面、海外に10万人以上の家事労働者を送り出すフィリピンが中心になる。 介護福祉士と看護師は2008年度以降、経済連携協定(EPA)で東南アジア3カ国から受け入れ、4~5年以内に日本の資格試験に合格すればその後も日本で働ける。一方、家事代行は資格試験がなく、3年までしか働けない。利用者の身体介護は禁止されている。

(2016-09-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外国人による家事代行サービスの関連情報