コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国人の看護師と介護福祉士

1件 の用語解説(外国人の看護師と介護福祉士の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外国人の看護師と介護福祉士

経済連携協定(EPA)に基づき、特例で就労が認められている。2008年にインドネシア、09年にフィリピンからの候補者の受け入れが始まり、14年にはベトナムも加わる。候補者は日本で3~4年働きながら研修を受け、国家試験の合格を目指す。看護師の候補者は来日1年目から受験資格があるが、介護福祉士は受験前に3年の実務経験が必要で、原則1回しか受験の機会がない。これまでに全国で看護師に128人(中国地方11人)、介護福祉士に242人(同20人)が合格した。

(2014-04-12 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

外国人の看護師と介護福祉士の関連キーワード経済連携協定EPA自由貿易協定FTA経済連携協定EPA日豪EPA交渉自由貿易協定FTA経済連携協定

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone