コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国人捕虜の被爆

1件 の用語解説(外国人捕虜の被爆の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外国人捕虜の被爆

長崎市の福岡俘虜収容所第14分所に収容された捕虜たちは、三菱重工長崎造船所で働かされていた。「POW(戦争捕虜)研究会」によると、第14分所は敗戦時、195人を収容。国別ではオランダ人152人、オーストラリア人24人、イギリス人19人。原爆で8人が死亡した。広島では、爆心地から約500メートルの旧中国憲兵隊司令部に米兵捕虜13人がおり、少なくとも10人が被爆死したとされる。

(2014-08-04 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国人捕虜の被爆の関連キーワードルスティグ収容所二つの山河0012 捕虜収容所日系カナダ人の強制収容満州の難民収容所大浜捕虜収容所本山捕虜収容所政治犯収容所カウラ日本兵捕虜収容所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外国人捕虜の被爆の関連情報