コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国公務員への贈賄

1件 の用語解説(外国公務員への贈賄の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外国公務員への贈賄

1998年の不正競争防止法改正で新設された。違反した人は5年以下の懲役または500万円以下の罰金で、法人は3億円以下の罰金。収賄側の外国公務員は適用外だ。これまでに立件されたのは、電気設備工事会社側がフィリピン政府高官にゴルフ用品を贈った▽建設コンサルタント会社側がベトナムホーチミン市高官に約9千万円を渡した――とされる2件。

(2011-11-27 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国公務員への贈賄の関連キーワードコンピューター犯罪不正競争防止法左院営業秘密DV防止法改正不正競争防止法河川法改正船場吉兆による偽装・不正表示特定目的鉄道キャセイ食品の冷凍野菜偽装事件

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外国公務員への贈賄の関連情報