コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国為替市場(Foreign Exchange Market)

外国為替用語集の解説

外国為替市場(Foreign Exchange Market)

外国為替取引を行う場。インターバンク市場と対顧客市場の2つに大別され、通常、外国為替市場という場合にはインターバンク市場を指す。証券取引所のような取引所は存在せず、シドニー、東京、香港、シンガポールチューリッヒ、パリ、ロンドン、ニューヨークなどの世界各国の都市における、24時間オープンの市場。以前は「テレフォン・マーケット」と呼ばれ、銀行間で専用の電話回線を通して取引を行っていたが、現在は、通信端末などのモニター画面を使って取引を行う、電子ブローキングに変わってきている。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

外国為替市場(Foreign Exchange Market)の関連キーワード東京外国為替市場委員会(Tokyo Foreign Exchange Market Committee)メジャー・カレンシー(Major Currency)インターベンション(Intervention)市場介入(Intervention)介入(Intervention)ディーリング(Dealing)オーバーナイト・ポジションインターバンク・レートカスタマーディーラーギブン(Given)ティック(Tick)ヨーロッパ通貨統合為替相場の決定要因メジャーカレンシー為替ディーリング東京外国為替市場変動為替相場制カジノ資本主義ディーリング外国為替取引

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android