コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国為替市場(Foreign Exchange Market)

1件 の用語解説(外国為替市場(Foreign Exchange Market)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

外国為替市場(Foreign Exchange Market)

外国為替取引を行う場。インターバンク市場対顧客市場の2つに大別され、通常、外国為替市場という場合にはインターバンク市場を指す。証券取引所のような取引所は存在せず、シドニー、東京、香港、シンガポールチューリッヒ、パリ、ロンドンニューヨークなどの世界各国の都市における、24時間オープンの市場。以前は「テレフォンマーケット」と呼ばれ、銀行間で専用の電話回線を通して取引を行っていたが、現在は、通信端末などのモニター画面を使って取引を行う、電子ブローキングに変わってきている。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替市場(Foreign Exchange Market)の関連キーワード外国為替市場為銀主義インターバンク外国為替資金銀行間取引市場インターバンクレートインターバンク市場(Inter-Bank Market)銀行間市場対顧客市場直物取引(Spot)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone