コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国籍児童・生徒への支援

1件 の用語解説(外国籍児童・生徒への支援の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外国籍児童・生徒への支援

教育委員会によると、県内の小中学校に在籍する外国籍児童・生徒数は3770人。2万人を超える外国人が暮らす浜松市では1415人が学ぶ。県教委は20年前から、外国籍の子どもが多い小中学校に計約80人の教員を配置している。浜松市は通訳が必要な14の小中学校に、ポルトガル語日本語を話す支援員を派遣。スペイン語タガログ語、中国語など6カ国の言語をそれぞれ話せる就学サポーター40人を公募している。元教員の相談員や事務作業を手伝うバイリンガルの協力員もいる。

(2013-11-23 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国籍児童・生徒への支援の関連キーワード教育長学校選択制教科書の採択県内のいじめ県内の小中学生の家庭学習時間県内の不登校県教育委員教科書採択中教審の教育委員会見直し案小林倭子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone